男性型脱毛症の原因は?

AGA症状

AGA(男性型脱毛症)という言葉は以前は殆ど知られていませんでした。しかし、あるCMがきっかけで一気に認知度が高まりました。一度は見たことがあるであろう爆笑問題のあのCMです。「30代の抜け毛に薄毛〜♪」なんて軽快な音楽とともに「薄毛は病院で治療できます。」って宣伝していますよね。

 

男性の脱毛症のなかでも多いのがAGA(男性型脱毛症)です。AGAの薄毛には特徴があります。毛の抜け方、薄くなっている部分が決まっているのです。

 

 

 

AGAが原因による脱毛症の症状はどのように現れるのか?その特徴として

  • 前頭部
  • M字はげ
  • 頭頂部

この部分にはっきりとした薄毛状態が現れるようになります。どの部分に現れるのかは個人差があり人それぞれ違います。

 

では、どうしてAGAになってしまうのか?この点については日々研究が積み重ねられています。その原因として考えれれているのが

 

  • 男性ホルモン
  • 遺伝
  • 生活習慣
  • ストレス
  • 加齢

 

男性ホルモンは男性には誰にでもあるものですが、男性ホルモンがあるからといって必ずはげてしまうわけではありません。体毛が濃い人は男性ホルモンの働きも強いですが、体毛が濃い人が必ずはげるわけではないのです。しかし、はげやすいということは否定できません。男性ホルモンの一つであるテストステロンという物質が5α-リダクターゼという酵素の働きによって脱毛を促す物質ジヒドロテストステロンに返還されてしまうことによって脱毛が促進されます。

 

更にジヒドロテストステロンはレセプター(受容体)と結合するとTGF-βという髪の毛を成長期から後退期に誘導する働きをする物質を作り出してしまいます。アンドロゲンレセプター(受容体)の感受性の高い人ははげやすくなり、感受性の低い人ははげにくいとされています。

 

ジヒドロテストステロンとTGF-βの働きによってヘアサイクルの乱れが生まれているわけです。

 

ヘアサイクルに乱れが生じると、まだ成長段階の髪の毛、毛が長く太くなるまえの段階で髪の毛の成長が止まってしまうようになります。通常だと髪の毛の成長期は2年〜6年程度ですが、AGAの場合には成長期が数か月〜1年程と極端に短くなってしまい細くて薄い毛が目立ってしまうのです。

 

そうなると分け目が目立ってきたり、頭皮の透けが目立つようになってしまうのです。

 

しかし、しっかりとした頭皮ケアを行えば薄毛は改善します。ただし、AGAは進行型の脱毛症なので何もしないでいると症状は悪化の一途を辿り、自然に良くなるということはありません。

 



人気の育毛シャンプー 育毛剤を比較 サプリメントで頭皮ケア AGA治療薬