塩分超過は毛髪に悪影響!

育毛、発毛に重要な「IGF-I=Insulin-like Growth Factor-I」日本語で「インスリン様成長因子」。「IGF-I」は身体を健康に、若く保つのに重要な成分です。

 

抜け毛、薄毛に悩んでいる人の乱れてしまった発毛サイクルを正常に戻してあげるのにも重要な働きをしてくれます。「IGF-I」には乱れたへアサイクルを正しい周期に戻す効果があるのですね。

 

ヘアサイクルが正しくすれば、抜け毛、薄毛を抑制して太くて丈夫な髪の毛が生えてきます。

 

しかし、この重要な成分の働きを妨げてしまっているのが塩分!塩分の摂取し過ぎですね。知覚神経は「適度」に刺激されるとCGRPという物質を放出し、IGF-1をつくり出します。

 

塩による刺激が「強すぎる」と知覚神経のCGRPが放出されつくしてしまうのです。すると人間の身体はIGF-1をつくることができなくなり、神経細胞が死んでしまう場合も。その結果、抜け毛・薄毛が進行しやすくなるわけです。

 

抜け毛、薄毛だけでなく、塩分の摂取し過ぎは高血圧、動脈硬化、心筋梗塞等にもかかりやすくなります。血管がもろくなる、血管が詰まりやすくなってしまうのも塩分の多い食事を繰り返した結果です。

 

血液の流れに大きな影響を与えてしまうので、毛髪が育つ重要な条件、「血流」にも大きな影響を与えてしまうというわけです。

 

外食が多い、コンビニ弁当が多い、ラーメンやインスタント食品であるカップラーメンばかり食べている人は要注意でもあるんです!

 

おいしい物って塩、脂、砂糖を多く含んでいる場合が多いですよね。美味しいからってこういったものばかり食べていると・・・。毛髪の成長に重要な栄養素が含まれている物を積極的に食べることを心がけたいですね。

 

世界で最も薄毛が多い国がチェコ!どうしてチェコに薄毛の人が多いのか、以前テレビでもやっていました。テレビの調査結果によるとチェコの料理は塩辛い食べ物が多く、肉が多くて野菜は少ない!料理に塩辛いソースをたっぷりかけて食べる。やはり塩が大きな原因ではないかと言われていました。

 

塩分超過の食事が毎日続いているわけですから、頭皮や毛髪だけではなく、健康面で体に良くないですよね。

 

 

IGF-Iに着目したサプリメントの詳細


人気の育毛シャンプー 育毛剤を比較 サプリメントで頭皮ケア AGA治療薬